ご挨拶

北都電機 イメージ画像

ご挨拶タイトル

電機設備の守護神として、
北の大地に立つ北都電機。

「お客様の大切な生産設備が、そしてシステムが、
 正しく動き続けること」を守る
 それが北都電機の使命です。


明治4年、北都電機は“北の大地”北海道で本多商店の名で誕生しました。
船舶用照明機器の製造・販売を事業として創業した当時より受け継がれてきた
“北都スピリット”。 暗闇に光をもたらし、時代の潮流を見据えて進むその精神は、
北都電機の礎となり現在も生きています。

私たちは今、製鉄所などの工場、発電所等の各種生産設備の電動機整備、
地下鉄車両の電気設備点検整備、プラントを制御する電気システム構築、
さらにはプラント稼働状況を計測する計測機器の点検整備などを事業として展開。
人々の暮らしを陰で支える“Electrical Guardian”の理想像に向かって邁進しています。

私たち北都電機は、機械・電気計装・土木・建築などの工事や
制御系コンピュータシステムの開発、工場・倉庫・大型プラントの建設など
多くの実績を誇り日本の産業のインフラを支える
「日鉄住金テックスエンジ(株)グループ」の一員として、
これからも “北都スピリット”を胸に抱き、
世紀を跨いで積み上げてきた豊富な技術とノウハウを最大限に生かし、
よりよい未来づくりに取り組むとともに
自らもまた進化していきたいとと考えます。