沿革

北都電機 イメージ画像

沿革タイトル

明治 4年 本多商店として創業し、船舶用照明機器の製造販売を開始
大正 6年 株式組織として株式会社本多商店と改称
昭和 13年 5月 札幌市苗穂に「株式会社北都電機製作所」を創立
25年 建設業法による専門工事業者(電気配線工事)登録
31年 12月 本社工場を札幌市苗穂より琴似に移転
46年 2月 電気工事業者届出
47年 11月 苫小牧市に苫小牧営業所を開設
52年 3月 北海道電力株式会社本店及び全支店の指定工事請負人となる
56年 2月 株式会社東芝より業務移管を受け、北海道の拠点サービスステーションとなる
62年 3月 泊工業所を開設(現 泊出張所)
平成 3年 5月 資本金1億2,540万円とする
3年 7月 「北都電機株式会社」に改称 (旧名称 株式会社北都電機製作所)
3年 12月 札幌市発寒に札幌エンジニアリングセンター新築 (現 本社)
苫小牧市に苫小牧営業所新社屋を新築(現 苫小牧整備グループ 事務所)
8年 4月 本社を札幌市琴似より同発寒に移転
15年 6月 太平工業(株)と業務提携
17年 4月 太平工業(株)グループの北海道地区事業再編が行われ、
大昌エンンジニリング(株) 北海道支社と太平工業(株)室蘭支店電気計装部を統合
23年 2月 太平工業(株)の完全子会社となる
24年 7月 太平工業(株)との事業再編が行われ、
会社分割で室蘭、東京、名古屋、大分の各支店事業は太平工業(株)に承継
当社は札幌・苫小牧地区を拠点とした事業を継続
25年 10月 親会社太平工業(株)は、(株)日鉄エレックスと合併し
「日鉄住金テックスエンジ(株)」という社名となる。